生活スタイルをチェンジできるラク家事

1日の家事の6割りを占め、主婦の悩みのタネと言われるのが食事づくりです。
冷凍は長持ちするけれど、味が落ちるし、解凍が面倒に感じるものです。
チルドでも2日から3日で味が落ちるなどの懸念がありますが、冷蔵庫によっては、1週間分の生鮮食品も冷凍せず、生のまま美味しく保存できます。
チルドや冷蔵室より、さらに低温の約3度で保存することで、変色を抑え、鮮度も長持ちします。
氷点下でも凍らせない機能によって、ドリップの流出が少なく、旨みや栄養素を逃さず、ステーキなどもジューシーに焼き上げられます。
また、解凍が面倒であったり、上手に解凍できない悩みも少なくありません。
冷凍室より若干高いマイナス7度程度で凍らせることにより、解凍なしですぐに使える硬さで、調理時間までが短縮できます。
食材のしんから均一に凍らせることが大事で、食品の細胞破壊を抑制できるため、例えば、これまで冷凍に不向きと言われてきたジャガイモも、食感をしっかり残し、美味しく解凍させられます。

FutureStage

FXプロではじめる為替取引
海外の銘柄で取引したいなら初心者にも安心の海外FXお役立ちガイドからはじめませんか?

ボーンデジタルCGiN

海外FXをはじめよう!

東京湾クルーズなら屋形船の辰金

最新投稿