カフェ飯も工夫次第で美味しく変化

気取らない雰囲気で、ちょっとしたおもてなしができる、ワンプレートに盛り付けたカフェ風の食事は、おうちカフェとして人気です。
食は味や香りだけではなく、テーブルのセッティング次第で美味しく見せたり、マズそうに見えるなど、食欲の有無に繋がります。
例えば、大皿の盛り付けは難しいと思われがちですが、小皿を重ねると仕切りの役割も果たすので、盛り付けやすく、イメージも変わります。
惣菜系のサンドイッチを大皿に、甘い具のサンドイッチだけを小皿にのせて重ねるテクニックでカフェ飯も変化がつきます。
また、スコーンやクッキーなどは、ポロポロとこぼれやすく、ランチョンマットではなく、ペーパーナプキンを使用することで、受け皿代わりになります。
さらに手を拭くこともでき、ジャムなどが付いても直ぐに取り替えられるなど、相手に気を使わせずに済むなど、食事マナーまでが得られます。
ただ単にカフェらしいメニューを用意するのではなく、雰囲気づくりもカフェ飯を美味しく見せる内容です。