中華料理と中国料理に差はあるのか

ラーメンや餃子といえば、中華料理の代表料理の一つです。
ただ、日本独自に進化もしていて、今では日本のラーメン店が中国に逆進出しているといわれています。
中国の料理を食べたいと感じたら、通常は中華料理店に行くでしょう。
日本料理店の次に多いかもしれません。
でも、ネットなどで検索するとよく似た言葉が出てくることがあります。
それは中国料理です。
その他台湾料理や香港料理なども出てきます。
それぞれ違いがあるのかです。
台湾料理や香港料理は、その名の通りその地域で独自に発達した料理です。
中国の料理でありながら、少し違うところもあります。
中華料理と中国料理は、基本的にはルーツは同じです。
北京料理や四川料理等がありますが、それらの違いとは関係ありません。
中華料理は、本場の中国料理を日本人向けにアレンジした料理になります。
辛みなどが抑えめになっています。
中国料理は、できるだけ本場の中国料理を再現した料理です。
日本人向けになっているので、中華料理の方が合うでしょう。