ゴマをおいしく健康的に食べる方法

料理の中心なることは少ないですが、香り付けなどで外せないものとしてゴマがあります。
黒ゴマ、白ごま、金ゴマなどいくつかの種類があります。
小さい粒状になっていて、たまに歯などでつぶしながら食べることはありますが、粒のままの場合はほとんどがそのまま胃に直行してしまうでしょう。
適度に香り付けしたいときなどに最適の食材です。
ゴマの中には、ゴマリグナンと呼ばれる栄養成分があります。
その他抗酸化物質も豊富に含まれているとされているゴマですが、多くの人は残念な食べ方をしているようです。
それは、ゴマをからの付いたままおそのまま食べる方法です。
それ以外に食べ方があるのかと考えるでしょうが、ゴマすりと呼ばれる言葉を知っているでしょう。
ゴマすりが重要になります。
ゴマすりをすると、すりごまができます。
つまりは殻に覆われたゴマの成分が出た状態です。
この状態で食べると、ゴマの栄養分を吸収しやすくなります。
そのままの時より香りも強くなります。
食べる直前にするのが良いとされます。